新琴似の家Ⅰ

専用住宅
2005.12
札幌/北海道

札幌市郊外の住宅に囲まれた比較的小さな敷地である。
小さな敷地に子供がのびのびと遊べる大きな庭をつくるため、土地の半分を庭とし、残り半分に家を建てた。2階はその関係を90度ひねることで庭の半分は覆われ、そこを駐車場と玄関アプローチとしている。
90度に振ったつくりは1階と2階でそれぞれ異なった角度から庭を望むことになり、庭を中心に視線を交わらせることで密集した周囲の家々への意識を軽減させている。
庭のプライバシーは特注の門扉を製作し、使い勝手により開閉できるようにしてある。